ウイニングベイトは・・・

先日の印旛沼で行われた我慢大会にて、使用したリグをちょっと紹介!

ご存知の方が多いとは思いますが、私の得意とするスタイルです。そう!ヘビダンです。

当日はバイズクロー3.5in(グリパングリーン)にシンカーは18gを使用。18gって重すぎでしょ!?って思うかも知れませんが、水深2m前後の護岸沿いをキッチリ攻めるにはこの重さが必要なんです。さらにフォールスピードを利用したリアクションを狙ってます!

さらにタックルにもちょっとしたチョイスが。この時期は明確なバイトというよりはモソっと重くなるバイトが多いので、バイトをはじかないようにMHよりMくらいのアクションが大事!季節やシチュエーションによって変えるといいですね。

みなさんもお試しを~。


はじまりますよ~!!

え~今回、ブログなるものを始めることになりました!バス釣りを中心に、いろいろ書いていきたいと思うので皆さんお付き合いくださいね。ときにはあんなシークレットもこんなことも・・・(笑)よろしくお願いしまっす。

早速ですが先週の日曜日、印旛沼に行ってきました!毎年恒例となりました、我慢大会に。
スタート前3
スタート前0
例年、この時期は釣ってくれば優勝に絡めるだけに意気揚々です。この方も鼻
息荒く、意気込んでおります(笑)

当日の状況はほぼ無風晴天。思ったよりも冷え込みは厳しくない状況の中、スタート!

私は新川下流の橋脚・護岸メインの戦略です。橋脚への開始2投目でググッと重くなるようないきなりのバイト!慌ててフッキングするもすっぽ抜け(涙)しかしこのエリアに魚がいるのを確信できたので迷うことなく粘っていくことができた。
狙いを橋脚から護岸へスイッチ。まずは南岸から流すもノー感じ。途中この時期・このエリアを得意中の得意としているJ・Hさんに遭遇するもまだ釣れていない模様。ならばと北岸へ。
私的には過去に何度かこの北岸の護岸沿いでいい思いをしている為、コンフィデンスは十分!そして神崎川方面に流すこと50mほど。得意のヘビダンが底についてあたりを聞くと違和感のある重み。すかさずフッキング!そしてギュ-ンと横走りを始めた。
最初はコイ!?かと思ったが魚体をみた瞬間、バスだ!しかもデカイ。ドキドキしながらランディング成功!なんとブリブリの1800g。これはいっちゃったかも
(ムフフ)
その後も同じエリアを流したが、結局バイトはなし。そのまま検量へ向かう。今回は天候も影響して6人が魚を持ち込んでいる模様。結果は・・・

ぶっちの優勝でした~!!賞品のリベルトピクシーを捕獲~!ブログ初ネタとしては最高のスタートとなりました(ニヤリ)
こいつをどう使いこなすかが来年の課題か!?(笑)

NAB21 "OP王子"吉田裕樹のブログ